【科学】気候変動で腎臓結石急増の可能性、米研究 [H26/7/11]

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2014/07/11(金)11:48:58 ID:KNrNNpFxk
【7月11日 AFP】地球温暖化により暑い日が増えるとともに汗を
かいて脱水症状になるケースの増加が予想されるが、10日の米
医学誌エンバイロメンタル・ヘルス・パースペクティブス
(Environmental Health Perspectives)に掲載された研究論文
は、脱水症状の増加が腎臓結石を急増させる主要な危険因子に
なると指摘している。

米フィラデルフィア小児病院
(Children's Hospital of Philadelphia)などの研究チームは、
米アトランタ(Atlanta)、シカゴ(Chicago)、ダラス(Dallas)、
ロサンゼルス(Los Angeles)、フィラデルフィア(Philadelphia)
の各都市で腎臓結石患者6万人の医療記録を調べ、暑い日と腎臓
結石との関連性を明らかにした。

論文の主執筆者で、同病院の小児泌尿器科医師・疫学者のグレゴ
リー・テージャン(Gregory Tasian)氏は、「日々の気温が上昇
すると、その後の20日間で患者が腎臓結石を発症する確率が急増
することが分かった」と語る。

日平均気温が10度を超えると、腎臓結石発症リスクはロサンゼル
ス以外の全都市で著しく増加した。

研究チームは、日平均気温10度と30度での腎臓結石リスクを比較。
アトランタで38%、シカゴで37%とそれぞれ増加したことを確認し、
高気温が同リスクに関連していることを発見した。


続きはこちら AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3020267
続きを読む


posted by かよっぺ at 2014年07月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【材料】尿毒素を吸着する人工繊維を開発 携帯型の透析装置に期待

1 名前:伊勢うどんφ ★[sage] 投稿日:2014/02/22(土) 14:32:30.84 ID:???
 腎臓の働きが低下する腎不全患者の血中に含まれる尿毒素を、吸着することができる人工繊維を開発したと
物質・材料研究機構(茨城県つくば市)の荏原充宏主任研究員らのチームが19日、英科学誌電子版に発表した。
災害時に携帯できる小型の透析装置の開発につながると期待される。

 慢性腎不全の患者は、血中の老廃物や尿毒素を腎臓でろ過しきれず、透析が必要となる。
チームは、代表的な尿毒素のクレアチニンを吸着する性質がある鉱物ゼオライトを樹脂に混ぜ、極細の繊維の作製に成功。
 荏原主任研究員は「吸着率を向上させれば、腕時計型の装置でも透析治療が可能になるかもしれない」と話している。

2014/02/19 19:29【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021901002294.html

人工繊維を使った腕時計型の透析装置の模型
http://img.47news.jp/PN/201402/PN2014021901002508.-.-.CI0003.jpg

物質・材料研究機構 プレスリリース
http://www.nims.go.jp/news/press/2014/02/p201402190.html

Biomaterials Science
Fabrication of zeolite–polymer composite nanofibers for removal of uremic toxins from kidney failure patients
http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2014/bm/c3bm60263j
続きを読む
posted by かよっぺ at 2014年02月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【医学】慢性腎臓病 赤血球を作るのに必要なホルモンを生み出す善玉細胞が、炎症のため悪玉に変わるのが主因/東北大

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/07/09(火) 09:32:16.92 ID:???
慢性腎臓病起こす細胞=炎症で善玉が悪玉に−東北大

慢性腎臓病は、腎臓内で血液の赤血球を作るのに必要なホルモンを生み出す善玉細胞が、炎症のため悪玉に変わるのが主因だと、
東北大大学院医学系研究科の山本雅之教授らが6日、米腎臓学会誌電子版に発表した。
 
マウスの実験では、抗炎症薬を投与すると悪玉から元の善玉に戻す効果があり、症状の進行を止めることができた。
慢性腎臓病の新たな治療法を開発する手掛かりになるという。(2013/07/06-21:26)
_____________

▽記事引用元 時事ドットコム2013/07/06-21:26配信記事
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013070600305

▽関連
東北大学 プレスリリース
腎臓病悪化の原因細胞を同定〜慢性腎臓病の治療法開発に光〜
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2013/07/press20130705-03.html
詳細(プレスリリース本文)
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130705_03web.pdf
続きを読む
posted by かよっぺ at 2013年07月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腎臓病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。