【食品】渋柿の重合タンニンで血液サラサラ 悪玉コレステロール低減

1 名前:依頼35-147@pureφ ★[sage ] 投稿日:2013/06/16(日) 11:45:29.46 ID:???
渋柿で血液サラサラ 悪玉コレステロール低減


悪玉コレステロールの低減効果が確認された渋柿。粉末にすれば渋みがなく幅広い食品に利用できるという

 石川県立大生物資源環境学部の松本健司准教授は2日までに、未成熟な渋柿から作った 粉末に含まれる成分に、
LDL(悪玉)コレステロールを低減する作用があることを実証 した。粉末は栽培の際に間引いた青柿や放置果樹園の
果実を利用することで低コストで生 産可能。粉末にすれば渋みはなく、加熱しても成分が損なわれないため、幅広い
食品に加工できるという。

 悪玉コレステロールの低減効果があるのは柿の渋み成分である重合タンニン。研究では 40代の被験者40人が
3グループに分かれ、毎食前に青柿の粉末を入れていないクッキ ー、粉末3グラム、5グラムを配合したクッキーをそれぞれ
摂取した。5グラム入りを食 べ続けた被験者は12週間後、悪玉コレステロールが約2割減少した。

 松本准教授によると、重合タンニンは、コレステロールから合成される胆汁酸を腸内で 吸着し、体外への排出を促進
する。胆汁酸の排出が進むと、血液中のコレステロールが肝臓に取り込まれて胆汁酸が再生成され、その結果、悪玉
コレステロールが低下する。

 胆汁酸の吸着と合成に伴い、代謝が高まって血糖値が低下することも確認されており、 糖尿病の治療でも効果が
期待できるという。

 粉末は商品価値のない未成熟な渋柿を利用して製造できる。食物繊維を豊富に含み、1 00度の熱を加えても
成分が損なわれないため、菓子やパンなどに配合しやすい。

 県内では「紋平柿」のかほく市や「ころ柿」の志賀町が主な柿の産地で、昨年の収穫量 は県全体で1270トン。
JA志賀ころ柿部会の新明侃二部会長によると、栽培の過程で 青柿の数%が間引かれ、商品価値がないために
捨てられている。

 松本准教授は、柿の生産農家は全国的に高齢化や後継者不足に悩まされているとし、「 渋柿の機能性を生かした
商品開発が進めば、生産地の活性化につながる」と語った。

 LDLコレステロール 細胞膜を作るために使われるコレステロールを肝臓から体中に 運ぶ働きがある。増えすぎると、
血管内部にへばりついて動脈硬化などの原因となること から「悪玉」と呼ばれる。

北國新聞 6月3日03時00分更新
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130603102.htm

関連ニュース
『奇跡の血液サラサラデブ』 を自称していたマツコデラックスをマジへこみさせた 痛い診断結果
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1336228408/-100
【ウイルス】渋柿の搾り汁、ノロウイルス撃退/広島大が確認 画像あり
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1361238913/-100
続きを読む


posted by かよっぺ at 2013年06月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。