【科学】緑茶成分、脳の機能向上に効果か ダウン症治療への道も [H28/6/17]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/06/17(金)20:00:09 ID:???
(CNN) スペインのゲノム制御センターの研究チームはこのほど、緑茶に含まれる成分に
ダウン症の症状を改善する効果があるとの論文を発表した。

(略)

緑茶やその抽出物の健康効果に対しては世界各地の研究者が注目している。
スイス・バーゼル大学のシュテファン・ボルクバト教授は2014年、
健康な被験者12人に緑茶抽出物を投与する実験を行ったところ、
脳内のワーキングメモリーに関係のある部位の連携がよくなったという。

もっとも、現時点で治療効果を期待するのは楽観的に過ぎるとボルクバト教授は言う。

続き CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35084446.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 47◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465212155/936
続きを読む


posted by かよっぺ at 2016年06月18日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダウン症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【医学】ダウン症の脳で神経細胞が少なくなる仕組みをマウスで発見/東京大

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/12/26(木) 00:09:27.60 ID:???
2013/12/17
ダウン症の脳で神経細胞が少なくなる仕組みをマウスで発見

発表者
倉林伸博(東京大学 大学院理学系研究科附属遺伝子実験施設 助教)
眞田佳門(東京大学 大学院理学系研究科附属遺伝子実験施設 准教授)

発表のポイント
ダウン症において、神経細胞数が少なくなる仕組みをマウスで発見した。
21番染色体上の2つの遺伝子が神経幹細胞の働きを鈍化させ、神経幹細胞から神経細胞が誕生しにくくなることを世界で初めて発見した。
ダウン症において脳発生異常が発症する仕組みの理解に寄与し、将来の治療戦略の確立のための重要な指針として期待できる。

発表概要
ダウン症は、およそ800人の新生児あたりに1人という極めて高い頻度で生じる疾患であり、知的障害、特有の顔つきや心臓奇形などさまざまな症状が現れる。
脳では神経細胞の数が少なくなり、脳容積が小さくなることが知られている。
このような症状はヒトの21番染色体が2つではなく3つあることによって、21番染色体上にある遺伝子の発現量が1.5倍になることが原因とされている。
しかし、約300の 遺伝子を含む21番染色体中の、どの遺伝子の発現量が多くなることで、神経細胞の数が少なくなるのかは謎であった。

東京大学大学院理学系研究科附属遺伝子実験施設の倉林伸博助教と眞田佳門准教授は、第21番染色体にある2つの遺伝子(DYRK1AとDSCR1)に着目し、
マウス胎仔脳においてこれらの遺伝子の発現量が同時に増加すると、神経細胞を生み出す親細胞(神経幹細胞)の働きが鈍化し、神経細胞が生み出されにくくなることを発見した。
また、マウス胎仔脳においてこの2つの遺伝子によって働きが調節される因子(NFATc)も明らかにした。

本研究の成果は、ダウン症の脳発生異常の仕組みの理解に大きな一歩を踏み出す知見であり、ダウン症における脳発生異常を緩和する治療法の確立に重要な指針を提供すると期待される。

---------- 引用ここまで 全文は記事引用元でご覧ください --------------

▽記事引用元 東京大学 大学院理学系研究科・理学部 2013/12/17
http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2013/48.html
続きを読む
タグ:ダウン症
posted by かよっぺ at 2013年12月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダウン症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会】ダウン症児の白血病遺伝子発見…薬開発に役立つ可能性

1 名前: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★[tokimeki2ch@gmail.com] 投稿日:2013/09/23(月) 09:17:26.48 ID:???0
ダウン症の子どもに多く見られる白血病の原因遺伝子を発見したと、
伊藤悦朗弘前大教授らの研究チームが22日付の米科学誌ネイチャージェネティクスに発表する。
原因遺伝子を狙って働き掛ける薬の開発に役立つ可能性があるという。
ダウン症の赤ちゃんの5〜10%には、血液の細胞が異常に増える
「一過性異常骨髄増殖症」(TAM)がある。多くは自然によくなるが、約20〜30%は
3年以内に急性巨核芽球性白血病を発症。死に至ることもある。

*+*+ jiji.com +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013092300026
続きを読む
posted by かよっぺ at 2013年09月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダウン症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。