【不妊治療のやめ時を考える】 夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」 [H28/10/8]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/10/08(土)17:47:01 ID:???
【不妊治療のやめ時を考える(1)】
夫婦6組のうち1組が“治療”経験あり… 「もう無理かもしれない」「でも、あきらめられない…」

(略)

晩婚・晩産化影響

 晩婚化に伴い、不妊治療を受ける女性の年齢は高くなっており、40歳でピークを迎える。
しかし、高度な生殖補助医療を持ってしても、加齢とともに妊娠しづらくなるのが現実だ。

 日本産科婦人科学会によると、平成26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20・6%だが、
40歳で8・8%、45歳で0・8%と急降下する。
一方、流産率は30歳が17・1%なのに対し、40歳で35・2%、45歳で66・1%と急上昇する。

 不妊治療に詳しい生殖心理カウンセラーの小倉智子さんは言う。

 「確率的に難しいと分かってはいても、次はできるかもしれない、と期待してしまう。
やめたくてもやめられないという人が増えているのです」

続き 産経ニュース 全3ページ
http://www.sankei.com/life/news/161008/lif1610080008-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 56◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475053605/836
続きを読む


posted by かよっぺ at 2016年10月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【科学】不妊に悩む男性の精子を卵子の細胞質に直接注入する顕微授精で誕生した男児は、成長しても一般男性より精子濃度薄く不活発 ベルギー調査 [H28/10/9]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/10/09(日)11:55:31 ID:???
顕微授精
子も精子に問題…濃度薄く不活発 ベルギー調査

 不妊に悩む男性の精子を卵子の細胞質に直接注入する顕微授精で誕生した男児は、
成長しても一般男性より精子濃度が大幅に薄かったり、
運動している精子の数が少なかったりする傾向があるとの調査結果を、
ベルギーの研究チームが英科学誌ヒューマン・リプロダクションに発表した。
1992年に始まった顕微授精で生まれた子どもたちは近年、世界で成人期を迎えているが、
男性不妊の原因が次世代に引き継がれることが確認されたのは初めて。

続き 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20161009/k00/00m/040/089000c


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 56◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475053605/884
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年10月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会】増加する非正規雇用者、雇用形態が生む年収と既婚率の違い [H28/9/12]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/09/12(月)23:57:38 ID:???
若年層の経済格差と家族形成格差〜増加する非正規雇用者、雇用形態が生む年収と既婚率の違い - 久我 尚子

1.長らく続く景気低迷を背景に、若い世代ほど、同じ年齢であっても非正規雇用者が増えており、
新卒時点の労働市場の状況が、その後のキャリアに継続的に影響を与える「世代効果」の負の影響が見える。

2.正規雇用者と非正規雇用者の年収差は、特に男性で大きく、年齢とともに拡大。
40代後半の男性では正規雇用者の年収は非正規雇用者の2倍以上。
20〜30代非正規男性の平均年収は300万円未満。非正規女性はいずれも250万円未満。

3.年収300万円未満層は、男性では20代で263万人(雇用者の54.6%、正規雇用者の45.2%、非正規雇用者の79.5%)、
30代男性で135万人(同様に20.4%、14.5%、62.4%)、40代男性で88万人(同様に12.1%、7.5%、59.4%)と推計。

4.男性では年収と既婚率は比例。年収300万円あたりで既婚率は上昇し、「家族形成の壁」がうかがえる。
雇用形態や年収による経済格差は家族形成格差につながっている。

5.若年層の雇用環境の改善に向けては、「同一労働同一賃金」の検討に期待したいが、
目の前の賃金だけでなく各種手当や、5年先・10年先の安定性も必要。
「女性の活躍促進」のように何らかの数値目標を設定した上で、安定した雇用への転換を促す政策も必要。

続き BLOGOS/ニッセイ基礎研究所 研究員の眼 全2ページ
http://blogos.com/article/190177/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 54◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472872400/754
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年09月13日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。