【医療】精神科 長期入院減らし病床削減を[2014/07/02]

1 名前:トラネコ◆EDwr815iMY[sage] 投稿日:2014/07/02(水)07:36:13 ID:r51VQDIkY
精神科 長期入院減らし病床削減を
7月2日 5時41分
全国の精神科の病棟に入院している患者は32万人で、入院の長期化が問題となっていることから、厚生労働省は比較的症状が軽い患者の退院を促し病床を削減していく方針を決めました。

これは、1日夜に開かれた厚生労働省の検討会で決まったものです。
統合失調症やうつ病などで精神科の病棟に入院している患者は全国でおよそ32万人で、このうち1年以上入院している人は全体の7割近くの20万人を占め、入院期間が10年以上の人も6万5000人に達しています。
検討会では、こうした入院患者のうち比較的症状が軽い人については、精神保健福祉士などで作る支援チームが退院計画を立て、社会生活に慣れるための訓練を行ったうえで退院を促し、必要がなくなった病床を削減することで合意しました。
病床の削減によって空いたスペースについては、退院した患者が暮らすグループホームに転換することも認めるとしています。
しかし、グループホームへの転換については、精神障害者の支援団体などから「患者が病院の敷地内で暮らすことになり、地域での自立にはつながらない」といった批判が出ています。

詳細のソース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140702/k10015670351000.html
続きを読む


posted by かよっぺ at 2014年07月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【医学】統合失調症 認知機能に関わる神経活動を調整する遺伝子の働きが低下/金沢大など

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:05:38.46 ID:???
統合失調症、遺伝子の働き低下 神経活動が調整されず

統合失調症の患者の脳では、行動の計画や実行、記憶といった認知機能に関わる神経活動を調整する
遺伝子の働きが低下していることを発見したと、金沢大などのチームが30日付の米医学誌電子版に発表した。

この遺伝子から作られるタンパク質が減って、神経活動がうまく調整されないとみられるという。
チームの橋本隆紀金沢大准教授は「この遺伝子を働かせることで、認知機能を改善させる治療法の開発につながる可能性がある」としている。

2013/10/30 13:00 【共同通信】
_____________

▽記事引用元 47NEWS 2013/10/30 13:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013103001001053.html

▽関連リンク
・金沢大学
統合失調症の認知障害に関わる分子の減少を発見
2013年10月30日
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/prstrategy/eacanthus/1310/30.html
・The American Journal of Psychiatry
Am J Psychiatry 2013;:. doi:10.1176/appi.ajp.2013.13040468
Lower Gene Expression for KCNS3 Potassium Channel Subunit in Parvalbumin-Containing Neurons in the Prefrontal Cortex in Schizophrenia
http://ajp.psychiatryonline.org/article.aspx?articleid=1763819
続きを読む
posted by かよっぺ at 2013年10月31日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【医療】統合失調症は、脳の海馬異常が引き金…記憶を整理する仕組みがうまく働かず、「計画が立てられない」などの病的な症状に

1 名前:諸星カーくんφ ★[sage] 投稿日:2013/10/17(木) 02:35:51.05 ID:???0
 理化学研究所の利根川進・脳科学総合研究センター長らは、統合失調症の症状が、脳にある海馬の異常が引き金になって起きて
いるとするマウスの実験結果をまとめた。

 記憶を整理する仕組みがうまく働かず、「計画が立てられない」といった病的な症状が表れるという。新薬の開発や症状を抑える薬
の選択に役立つ成果だ。詳細が17日、米科学誌ニューロン(電子版)に掲載される。

 海馬は、脳に新しい情報が入ってこない休息中に、記憶を順序立てて整理している。研究チームによると、患者は海馬の働きが
異常になり、記憶の整理ができなくなっている可能性が高い。休息中も海馬が激しく動き、妄想や幻覚、考えが止まらないなどの
症状を引きおこすと考えている。

ソース(日本経済新聞) http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1605J_W3A011C1CR8000/
続きを読む
posted by かよっぺ at 2013年10月17日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。