【社会】髪の毛を3Dプリンターで作る技術、薄毛の救世主となるか

1 名前:山梨◆lKceO1.r3A[] 投稿日:2015/11/03(火)14:19:17 ID:NfS
3Dプリンターのキラーアプリに?

カーネギーメロン大学のHuman-Computer Interaction研究所が、3Dプリンターで人間の髪の毛そっくりな繊維を作る手法を編み出しました。
安い人形みたいなきしきしのやつじゃなく、長くてふさふさした美しい髪の毛ができるんです。

でも3Dプリンターって固いプラスチックのものばかり作ってるイメージなんですが、どうしたらこんな長くてふわふわしたものを作れるんでしょうか?
グルーガンを使ったことがある方なら、グルーを出したあとに発生する細い糸みたいなものにうんざりさせられたことだと思います。この3Dプリンターを使った手法は、それにインスパイアされたものなんです。

グルーガンは動かす速さや、グルーの種類、溶かす温度、量などによって、糸みたいなものの太さや細さが決まります。
この3Dプリンターの場合も、原理はグルーガンとほとんど同じです。既存のハードウェアを少しいじったカスタムソフトウェアを使うことで、人工の髪の毛が作れるようになるんです。

この3Dプリンターを使った手法は薄毛で悩む人たちの救世主となれるでしょうか? それはまだわかりませんが、これでプリントされる繊維は、硬めに設定すればほうきにできるくらい頑丈になるし、細く柔らかくすればカットやカール、三つ編みもできます。
髪の毛が生える密度や、色だって変えられます。

(後略)

全文は「ニコニコニュース」の「髪の毛を3Dプリンターで作る技術、薄毛の救世主となるか」で
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1873694?news_ref=top_latest
続きを読む


posted by かよっぺ at 2015年11月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【髪】ハゲが3週間で治る新薬が凄い効き目だと話題に

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/10/26(月)16:40:30 ID:???
【とくダネ!】ハゲが3週間で治る新薬が凄い効き目だと話題に

本当にこの報道をするかどうか非常に迷いましたが、困っている人が多いはずですので、
僭越ながら紹介させていただく。ということで朗報です。
こんなにも時代が進歩していながら、何故かつらが残るのか。
もうそのようなウソの髪の毛はいらない。本当の髪の毛が欲しい!ということでついに新薬が出たようです。

コチラのマウスを見ていただきたい。なんとわずか3週間でマウスの毛が生えてきているという
驚きの効果が報じられている。今までのような、かつらや植毛など、擬似的に髪の毛を生やすのではなく、
直接毛根に作用し、眠っていた毛根を再び呼び起こすのだという。
http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/e/6/e6bc8713-s.jpg

続き 秒刊サンデー
http://www.yukawanet.com/archives/4957333.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 31◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445165737/303
続きを読む
posted by かよっぺ at 2015年10月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【髪】玉ねぎは古代ギリシャ以来の「発毛野菜」だった!

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2015/10/10(土)12:11:45 ID:???
※ 玉ねぎに優れたパワーがあることはよく知られており、ピラミッドの建設も玉ねぎの力による
とまで言われているのだが、なんとその時代から、発毛効果も認められていたという。

 古代エジプト時代から人類は薄毛に悩んでいたといい、紀元前1500年頃に古代エジプトで
書かれた医学書「エーベルス・パピルス」には、現代では荒唐無稽な方法とはいえ、
すでに薄毛の治療法が記載されている。そして2世紀のギリシャの医者ガレノスが
行っていた育毛法は現代でも生きていた。それが「玉ねぎ発毛法」なのだ。
ガレノスは自著「自然の機能について」でこう述べている。

〈玉ねぎを毛のなくなった人の頭にあてると、髪の毛が元通りになる〉

 料理教室を開いている管理栄養士の中川孝子氏が玉ねぎパワーの理由をこう解説する。

「血小板の凝固を抑え、末梢血管を拡張、血行と代謝を促し、血中の脂質を減らす。
血液をサラサラにするアリシンや、肝機能を高めるグルタチオン、強い抗酸化作用で
活性酸素を取り除くケルセチンなどが含まれています」

 中でも凄いのが、ケルセチンなのだという。

続き アサ芸plus
http://www.asagei.com/excerpt/44788

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 30◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444037518/327
続きを読む
posted by かよっぺ at 2015年10月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。