【話題】 WHO(世界保健機関)が警告 「PM2.5は肺がんの原因」

1 名前:影のたけし軍団ρ ★[] 投稿日:2013/10/18(金) 09:01:26.60 ID:???0
中国で問題となっているPM2.5など粒子状の大気汚染物質について、WHO=世界保健機関は
「発がん性がある」と初めて正式に結論づけ、国際社会が早急に対策を取るよう求めました。

WHOの専門機関で、化学物質などの発がん性について分析、公表しているIARC=国際がん研究機関は17日、
スイスのジュネーブで最新の研究成果について記者会見を開きました。

この中で、呼吸器疾患の要因となり、発がん性も指摘されてきたPM2.5など空気中を漂う非常に小さな粒子状の大気汚染物質について、
発がん性のリスクの5段階の危険度のうち最も高い分類に「肺がんの発がん性がある」と初めて結論づけたと発表しました。

さらに「大気汚染」全体についてもヒトが汚染された空気の中で生活を続けることで「肺がんの発がん性がある」と結論づけ、
「がんによる死亡の主要な環境要因だ」と指摘しました。

IARCでは、人口が多く急速に工業化が進んでいる中国などの新興国は、
ここ数年、粒子状物質などによる大気汚染にさらされる危険性が非常に高まっているとして、国際社会が早急に対策を取るよう求めました。

WHOがPM2.5など粒子状の大気汚染物質に「発がん性がある」と初めて正式に結論づけたことについて、
北京では健康被害を懸念する声が相次いで聞かれました。

このうち、40歳代の男性は「怖いのでマスクをしています。大気汚染への対策は始まったばかりで十分でないと思います」
と懸念を示したほか、別の40歳代の男性は「病気になるのが怖いです。北京の空気は以前に比べ悪くなっているので、早くよくなってほしいです」と話していました。

また、中国東北部から旅行で訪れたという40歳代の女性は「体に影響が出るというのだから政府も市民も関心を持って取り組まなければいけないと思います。
ただ、お金があれば外国に住みたいくらいです」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131017/k10015365401000.html

WHO、「PM2.5は肺がんの原因」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2033098.html
続きを読む


posted by かよっぺ at 2013年10月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の大気汚染が日本に与える影響について★2

1 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[] 投稿日:2013/03/04(月) 17:00:12.09 ID:wlvLUKFZ0
西日本を中心に高濃度汚染が広がり、もはや瓦礫説だけでは説明できなくなってきました。
中国大気汚染の影響について語りましょう(´・ω・`)

前スレ
中国の大気汚染が日本に与える影響について
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1359986203/
続きを読む
posted by かよっぺ at 2013年03月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大気汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。