【防疫】ハンガリー産鶏肉輸入停止 鳥インフル発生で [H28/11/5]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/11/05(土)18:19:49 ID:???
ハンガリー産鶏肉輸入停止 鳥インフル発生で

(略)

 ハンガリーからの2015年の家禽肉の輸入量は1393トン。全体の約0・15%で、影響は限定的とみられる。

全文 産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/161105/wor1611050028-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 58◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477196239/837
続きを読む


posted by かよっぺ at 2016年11月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【週刊現代】「学校給食」の不都合な真実…こんなものを子供に与えていいわけない [H28/9/29]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/09/29(木)17:03:19 ID:???
「学校給食」の不都合な真実…こんなものを子供に与えていいわけない!
『菊乃井』店主・村田吉弘氏が憤慨

学校に通う子供たちの楽しみである「給食」が今、危機に瀕している。食育とは名ばかりのヘンテコなメニューに、日本らしさは見る影もない。
問題だらけの給食事情に、日本和食界の大家が物申す。

献立も食器もおかしい

日本は山紫水明の国です。北は北海道から南は沖縄まで、飲めるような軟水が豊富に湧き出て、国の周りには四つの海流が流れていて、
獲れる魚種は世界一。国土の7割は山で、平野部にミネラル分の多い土壌が広がる。

そんな恵まれた環境で暮らす日本の子供たちがあまりにひどい給食を食べさせられているんです。

代表例は魚。全国規模の話として、給食で使う魚は生ではなく、味の落ちた冷凍のものに限られています。

さらに問題なのは、それら味の落ちた冷凍食材を使って意味不明な料理を提供していること。私の記憶にあるものだと「サバのソース煮」。
日本には醤油や味噌といった伝統的な味付けがあるはずなのに、なぜかウスターソースをかける。
これではサバ本来の美味しさなどまるで感じられない。

もっとひどいのは、センター給食を採用している自治体です。センター、つまり民間業者が一括して給食を作っていますが、
そこでは衛生面を重視するあまり、野菜などの生ものは85℃で3分間以上加熱しているところも見受けられました。
だから野菜炒めなんかはクタクタになって原形を留めていない。しかも工場から学校に届ける間に冷め切ってしまう。
当然、味はお察しのとおりです。

以前、刑務所の食事風景を見学させていただきました。そうしたら給食よりよっぽど豪華なんですよ。
大人用だから一人当たりの量が多く、魚は丸々一尾。各刑務所で調理しているから、味噌汁も熱々のまま配膳される。
それがなぜ子供たちには叶わないのでしょうか。

続き 現代ビジネス 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49763


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 56◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475053605/46
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年10月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【話題】福岡の生サバはあたらない? 秘密はアレの違い [H28/9/23]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/09/23(金)18:40:35 ID:???
福岡の生サバはあたらない? 秘密はアレの違い

 福岡県内の居酒屋のメニューでよく見かける「ごまさば」。春に福岡に赴任して、どんな料理だろうと注文したら、
運ばれてきたのは何と、生のサバ。記者が育った東京では生で食べる習慣はないうえに、
「生サバを食べるとあたる」と聞いていた。なぜ福岡の人は平気なのか。 (略)

 魚の生態などに詳しい東京大大学院農学生命科学研究科の良永知義教授(魚病学)に聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

 「それは、寄生虫の違いですね」

 良永教授によると、サバなど多くの魚の内臓に寄生し、食中毒の原因になる「アニサキス」にその秘密があるという。 (略)

 すると、長崎、福岡など日本海側のマサバに寄生するアニサキスは、高知から青森までの太平洋側のマサバに寄生するアニサキスと比べて、
マサバの内臓から刺し身となる筋肉部位へと移る割合が約100分の1にとどまっていたという。

続き 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Y5213J8YTIPE010.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 55◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1473937887/586
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年09月24日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。