【書評】統合失調症観が変わる「泣いて笑ってまた泣いた」

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/11/27(金)15:13:41 ID:???
統合失調症観が変わる

 眼鏡を鼻先にちょこんと乗せ、ソプラノの声音でよく笑う。スマートフォンの
待ち受け画面は「リラックマ」。独特の癒やし系の雰囲気を漂わせる三十代の女性である。

 日記風の私小説「泣いて笑ってまた泣いた」(ラグーナ出版)を上梓(じょうし)した。
統合失調症とうまくつき合いながら東京の小さな印刷会社で働く倉科透恵(くらしなゆきえ)さん(ペンネーム)。

 疲れる。だるい。薬の副作用で睡魔に襲われる。電車に乗るのが怖い。死にたい気分が込み上げる…。
病苦と向き合いつつ、職場や外出先での出来事を“マイペース”で楽しんでいる様がユーモラスに描かれている。

続き 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015112502000155.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/585
続きを読む


posted by かよっぺ at 2015年12月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【医療】統合失調症薬物治療、持効性注射薬LAIは早く使うべきなのか

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/11/25(水)01:37:17 ID:???
統合失調症薬物治療、LAIは早く使うべきなのか

 一貫性がある抗精神病治療は治療の重大な部分を占めるが、統合失調症治療では、
治療アライアンスの確立および継続、患者中心のアプローチがあらゆるケアの面で基本となることを、
米国・Partners in Aging & Long-Term CaregivingのGeorgia L. Stevens氏らは文献レビューの結果、
報告した。すなわち、意思決定やアドヒアランス共有の強化、長期にわたる回復を達成しうるなどの
点においてである。臨床試験の結果は、早期または初回エピソードの統合失調症患者の治療について、
経口抗精神病薬による治療を支持している。研究グループは文献レビューによって、
統合失調症における早期治療開始の優位性と、持効性注射薬(LAI)の早期使用の臨床ベネフィットを調べた。
Early Intervention in Psychiatry誌オンライン版2015年9月25日号の掲載報告。

続き Carenet
https://www.carenet.com/news/general/carenet/40952

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
href="http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/464" target="_blank">http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/464
続きを読む
posted by かよっぺ at 2015年11月29日 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会】統合失調症を知ってほしい 患者視点の解説書 鹿児島市で刊行

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/11/13(金)18:24:20 ID:???
 精神障害についての雑誌などを発行しているラグーナ出版(鹿児島市)は11日、
「統合失調症をたどる」を刊行した。
編集には県内在住の統合失調症の患者らが携わり、医療者の視点に当事者の体験を
交えて統合失調症の理解を促すユニークな本に仕上げた。

続き 南日本新聞
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=71043

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/77
続きを読む
posted by かよっぺ at 2015年11月14日 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。