【社会】コオロギ、ガの幼虫、イナゴ…昆虫たちはどんなお味? 兵庫・伊丹市昆虫館で子供たちが「昆虫食」を体験 [H28/8/21]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/08/21(日)23:34:10 ID:???
コオロギ、ガの幼虫、イナゴ…昆虫たちはどんなお味? 兵庫・伊丹市昆虫館で子供たちが「昆虫食」を体験

 夏休み中の子供たちに虫を食べる文化「昆虫食」を知ってもらおうと、伊丹市昆虫館(兵庫県伊丹市昆陽池)で20日、
学芸員スペシャルトーク「虫を食べるはなし」が開かれた。虫の試食では、子供らは興味津々で昆虫の味を確かめていた。

 親子連れら約50人が参加した。同館副館長で昆虫食に詳しい坂本昇さん(44)が、タイではタガメを、
ラオスではカメムシを食べるなど、世界では1900種の昆虫が食べられていることを説明。
国内でも長野県や岐阜県で蜂の子やイナゴが食べられていることを紹介した。

続き 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160821/wst1608210025-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 53◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471738109/35
続きを読む


posted by かよっぺ at 2016年08月22日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【グルメ】女子大生250人の尿を検査した結果[2016/08/06]

1 名前:トラネコ◆EDwr815iMY[sage] 投稿日:2016/08/06(土)01:29:44 ID:E4I
フムフム
女子大生250人の尿を検査した結果
内藤 みか

女子大生250人分の尿を集めた人がいる。集めたのはその女子大学の先生で、なんのためかというと、研究のためである。
日本人の長寿の一因として挙げられる大豆をどれだけ彼女たちが食べているかを、尿中のイソフラボン量で調査したのだ。すると驚くべきことがわかった。
なんと彼女達は、ほとんど大豆を食べていなかったのである。

大豆のおそるべきパワー
(略)

女子大生はなぜ大豆を食べないのか
実は私は最近、小麦粉を食べない「グルテンフリーダイエット」に挑戦している。1カ月が過ぎ、体重は2キロ落ち、明らかに手足のラインが前よりもほっそりした。
そして何より身体のむくみが取れ、身体がすごく軽い。小麦粉を抜くと、パン、パイ、ケーキ、ピザ、パスタなどの麺類など、かなり多くのものを食べられなくなる。
けれど今は米粉や大豆粉などで代用品がたくさん作られている。私は今、米粉のパンをトーストしたり、おから麺パスタにバジルクリームをかけたりして、暮らしている。

女子大生達はオシャレだ。食事も、カフェでパンケーキやロールケーキだったり、イタリアンレストランでピザとパスタだったり、メニューに小麦粉がたっぷり使われているものが多い。
目の前に美味しそうなものが山のようにあるのだから、地味な和食は毎日どころか時々しか選ばれない。
そのため彼女たちの尿中には、大豆成分がほとんど含まれていない、つまり食べていないのだ。なので、このままでは日本人の寿命は短くなりかねない事態なのだという。
(略)
詳細のソース
http://fum2.jp/9768/
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年08月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【食】食料自給率、6年連続39%=コメ離れ止まらず―2015年度[H28/8/2]

1 名前:トト◆53THiZ2UOpr5[sage] 投稿日:2016/08/02(火)13:30:42 ID:???
食料自給率、6年連続39%=コメ離れ止まらず―15年度
時事通信 8月2日(火)10時51分配信

 農林水産省は2日、2015年度の食料自給率(カロリーベース)が6年連続の39%
だったと発表した。

 小麦は生産量が増えたが、コメは食生活の変化を背景に消費量の減少に歯止め
がかからず、自給率は横ばい傾向が続いた。

 生産額ベースでの自給率は、前年度より2ポイント上昇の66%。6年ぶりの改善
だったが、天候不順で一部の野菜が値上がりしたことや、子牛の頭数減を受けた
畜産物の価格上昇が主因だった。

 食料自給率は、国内で消費する食料をどの程度国内生産で賄えるかを示す指標。
政府は25年度に45%へ引き上げる目標を掲げているが、長引く低下傾向を脱し
切れていない。

 国民1人当たりの年間コメ消費量は前年度比1.7%減の54.6キロで、1960年代の
半分以下に落ち込んだ。反対に消費が伸びたのは1.9%増の30.7キロとなった肉類。
(以下略)

※時事ドットコムでご覧下さい。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016080200258&g=eco
続きを読む
posted by かよっぺ at 2016年08月02日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。