【科学】「ブルーライト」を見ると、目の細胞の8割が死滅する[07/26]

1 名前:ぱぐたHi-νφ〜◆FdDsU0B5ivx5[] 投稿日:2014/07/26(土)12:20:45 ID:??? ★「ブルーライト」を見ると、目の細胞の8割が死滅する TABROID 2014年07月25日18時40分 ディスプレイから出る青色の光が、目に悪影響を与える仕組みが解明されました。NHKの報道によります。 これは、岐阜薬科大学の研究グループの研究によって、解明されたものです。LED(発光ダイオード)から出る青色の光をマウスの目の細胞に6時間当てたところ、約80%の細胞が死滅しました。 おおっと、これは衝撃的な数字です。思わず、画面の青い部分から目を背けてしまいましたよ。 一方、白の光では細胞の約70%が死滅し、緑の光ではほとんど変化がありませんでした。このことから、青の光は際立って目に悪影響を与えていることが分かります。 また、LEDの光に当てた細胞は、老化を進める活性酸素が増えていることも判明。具体的には、緑の光を当てたものは1.5倍、白が2倍、青は3倍になっていました。 研究を行った原英彰教授は、 「今回の研究でスマートフォンなどのブルーライトによる目の影響を防ぐ対策が進むことを期待したい」 -NHKより引用 と語りました。 ■その他の影響 まさかここまで影響が大きいとは、なんとも驚きの研究結果です。しかし、ブルーライトによる影響は、目だけではないかもしれません。 海外で行われた研究によると、ブルーライトは肥満の原因になっているかもしれないという結果が報告されています。詳しくは、以下の記事をご覧ください。 ブルーライトに新たな問題? 「肥満」の原因になっているかも http://www.tabroid.jp/news/2014/06/bluelight-fat.html ブルーライトには、私達の想像を超えた何かがあるのかもしれません。 ■対策はあるか では、そんな恐ろしいブルーライトに対し、私達ができる対策は何かあるのでしょうか。 TABROIDでは、以前眼精疲労対策をまとめた記事を作成しました。この中で、ブルーライト対策についてもいくつか触れたので、ぜひご覧ください。 シパシパしてきたと感じたら。眼精疲労の対策4選 http://www.tabroid.jp/news/2014/06/eyestrain.html 今後の研究結果次第では、液晶画面から青色が消えるかもしれません。できれば、そこまで影響が大きくなかったという結果が、出て欲しいものですね。 青い光が目に悪影響仕組み解明[NHK] Photo by Thinkstock/Getty Images http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9080481/
続きを読む


posted by かよっぺ at 2014年07月28日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【科学】牛乳でアルツハイマーを予防 和食にプラスで発症リスクが低下 [H26/7/25]

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2014/07/25(金)12:41:49 ID:??? 福岡市に隣接する久山町では、1961年から住民の全面協力で、 病気と生活習慣の関連を調べる「久山町研究」が行われ、日 本人の健康管理に貴重なデータを提供いただいている。  九州大学の小澤未央氏らは、以前から認知症と食事に関す る久山町の成果を報告してきた。昨年は「米飯」の量を控え、 「緑黄色野菜」「大豆・大豆製品」「牛乳・乳製品」「海藻」 をたくさん取る食事パターンで、アルツハイマー病を含む認 知症の発症リスクが有意に低下すると報告。流行の糖質制限 食が認知症も予防する? と話題になった。小澤氏は「米飯 を控えることより、バランスの良い食事が大切」とクギを刺 しているが。  先日、小澤氏らより新しい成果が報告された。今回は牛乳 ・乳製品に焦点をあてたもので、追跡対象は60歳以上の非認 知症の男女、1081人。牛乳・乳製品の摂取量を最小量〜最大 量で4等分し、摂取量と全認知症、アルツハイマー病、脳血 管性認知症との関連を追っている。17年間の追跡期間中、 303例が認知症を発症し、166例がアルツハイマー病、98例が 脳血管性の認知症だった。  年齢や性別の影響を排除し、発症リスクを分析すると、牛 乳・乳製品の摂取量が増えると、全認知症の発症率が有意に 低下することが示された。 続きはこちら エキサイトニュース/ダイヤモンドオンライン http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20140724/Diamond_56552.html
続きを読む
posted by かよっぺ at 2014年07月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【科学】牛乳でアルツハイマーを予防 和食にプラスで発症リスクが低下 [H26/7/25]

1 名前:◆sRJYpneS5Y[] 投稿日:2014/07/25(金)12:41:49 ID:??? 福岡市に隣接する久山町では、1961年から住民の全面協力で、 病気と生活習慣の関連を調べる「久山町研究」が行われ、日 本人の健康管理に貴重なデータを提供いただいている。  九州大学の小澤未央氏らは、以前から認知症と食事に関す る久山町の成果を報告してきた。昨年は「米飯」の量を控え、 「緑黄色野菜」「大豆・大豆製品」「牛乳・乳製品」「海藻」 をたくさん取る食事パターンで、アルツハイマー病を含む認 知症の発症リスクが有意に低下すると報告。流行の糖質制限 食が認知症も予防する? と話題になった。小澤氏は「米飯 を控えることより、バランスの良い食事が大切」とクギを刺 しているが。  先日、小澤氏らより新しい成果が報告された。今回は牛乳 ・乳製品に焦点をあてたもので、追跡対象は60歳以上の非認 知症の男女、1081人。牛乳・乳製品の摂取量を最小量〜最大 量で4等分し、摂取量と全認知症、アルツハイマー病、脳血 管性認知症との関連を追っている。17年間の追跡期間中、 303例が認知症を発症し、166例がアルツハイマー病、98例が 脳血管性の認知症だった。  年齢や性別の影響を排除し、発症リスクを分析すると、牛 乳・乳製品の摂取量が増えると、全認知症の発症率が有意に 低下することが示された。 続きはこちら エキサイトニュース/ダイヤモンドオンライン http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20140724/Diamond_56552.html 続きを読む
posted by かよっぺ at 2014年07月25日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。