【社会】不妊治療、上司に告げたら…「来春からにして」 30代女性の思い [H28/8/8]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/08/08(月)20:51:14 ID:???
不妊治療、上司に告げたら…「来春からにして」 30代女性の思い

 仕事をしながら子どもが欲しい。そう思って妊活に励んでも、誰しも自然に授かるわけではない。
でも、いざ不妊治療に踏み出す時、自分が住む街に、設備の整った医療機関がなかったらどうすれば良いのだろう。
悩んで出した決断が「会社を休みたい」。前例のない申し出に上司からの答えは――。(朝日新聞国際報道部記者・今村優莉)

(略)

仕事と治療の両立 92%が「困難」

 日本産科婦人科学会によると、高度な不妊治療が受けられる「ART(生殖補助医療)」施設は現在、
全国に約590施設(2013年)ある。だが、多くは都市部に集中している。不妊治療経験者らでつくるNPO法人「Fine」が昨年、
不妊治療経験者約2300人を対象に行った調査によると、91.9%が「両立は困難」と感じ、そのうち42.3%が退職や休職などに追い込まれた。

 不妊治療は、毎月1度の女性の排卵時期のサイクルに合わせた動きをする。
だが、排卵を促すために注射を打ったり、卵胞が育っているか検査するために採血したりなど、
頻繁に通院しなければならないことも多い。

 せっかく仕事を半日休んで検査に行っても、「今日は卵がまだ育っていないから、明日また来て」
と医師に指示されることもあり、仕事のスケジュールが組みにくいのだ。

続き  withnews
http://withnews.jp/article/f0160808001qq000000000000000W04e10101qq000013787A


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 52◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1470530442/36


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1470657074/


posted by かよっぺ at 2016年08月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。