【医療】子宮頸がんワクチンは結局のところ安全なのか? 推進派VS反対派の対立は泥沼化… [H28/7/10]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/07/10(日)12:51:52 ID:???
子宮頸がんワクチンは結局のところ安全なのか? 推進派VS反対派の対立は泥沼化… 
医療最前線

 接種後に体のしびれや痛み、記憶障害などの健康被害が報告されたとして、厚生労働省が子宮頸がんワクチン
(HPVワクチン)の積極的な接種勧奨を中止して3年。「このまま中止が続けば子宮頸がんの患者が増えてしまう」
と危機感を募らせる日本産科婦人科学会などの学術団体に対して、
被害者団体は「治療法がないのに接種を再開するのは時期尚早だ」と主張する。
被害者らは月内にも、国とワクチンメーカーを提訴する方針で、問題は長期化する可能性もある。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/smp/premium/news/160710/prm1607100023-s1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 49◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467442053/701
18 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)15:34:10 ID:xbE
>>1
>このまま中止が続けば子宮頸がんの患者が増えてしまう
ワクチン接種していない現役世代に、子宮頸がんが爆発的に流行っているというデータはない
今圧倒的に多いのは、乳がんだ。
数字のトリックで国民を騙し脅して、チベットやウイグルのような日本人根絶やし作戦をこっそり開始したってことなんだ
日本でウイグルやチベットと同じことやったら国際的な批判が高まるから、
深く静かに潜行して気づいたら日本人激減しており、ゆうゆうと侵略出来るというわけ。
このワクチンを推進しているのは、そう云う勢力の手先なんだよ
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)12:54:02 ID:cCL
後遺症の報告自体がそもそも怪しい。
子宮頸がんにかかるリスクのほうが高い以上、推進すべき。
もちろん、接種を受けるかは当人の選択でよいが。
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)12:57:06 ID:PDu
推進はアカンやろ
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)12:57:31 ID:PDu
アメリカ自体被害者が出てやめたのに
10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)13:39:49 ID:kJS
>>4
そうなんか?俺は知らんかった
17 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)15:03:07 ID:lAz
 ◇【子宮頸癌予防ワクチン】舛添厚労相が優先承認を示唆(薬事2009/7/7)
 http://www.yakuji.co.jp/entry14053.html
 これに対し舛添厚労相は、「他のものより優先させて承認していきたい」
 と述べた上で、「最終的には保険制度が適用されることが望ましい」との
 考えを示した。

 ◇子宮頸がん予防
- 女性の健康を応援する公明党の政策
 http://www.komei.or.jp/policy/cervicalcancer/government/203.html
 国内での早期承認については、神奈川県平塚市の公明議員からの要望をもとに
 浜四津敏子代表代行(当時)がいち早く国会で取り上げました。その後、松あきら
 女性委員長をはじめとする党女性委員会が力を注いだ署名運動などが追い風
 となり、2009年9月ついに国内で子宮頸がん予防ワクチンが承認されたのです。
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)15:53:23 ID:xbE
この間のスレ貼るよ


【社会】子宮頸がんワクチン 接種推奨の再開に市民団体が反論 [H28/7/4]
1 :◆qQDmM1OH5Q46:2016/07/04(月)22:21:33 ID:???
(略)

子宮頸がんワクチンは、接種後に原因不明の痛みなどを訴える患者が相次ぎ、
厚生労働省が接種の積極的な呼びかけを中止する事態が3年余り続いていますが、
ことし4月、日本小児科学会など17の団体が、患者の診療体制の整備など十分な
対策が講じられたとして、積極的な接種を推奨する見解を発表しています。

4日に会見したのは、弁護士などで作る市民団体「薬害オンブズパースン会議」で、
積極的な接種の呼びかけは再開すべきではないとする意見書を発表しました。
具体的には、国が整備した拠点病院でも診療を断られるなど診療体制が整ったとは言えないほか、
国が行ってきた実態調査は不十分で副反応の発生率もはっきりと分かっていないなどとしています。
会見した水口真寿美弁護士は「きちんと診てくれる医療機関はいまだ少ないというのが実感だ。
本当に接種を勧めていいのか、学会側には再検討してほしい」と話しています。

続き NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160704/k10010582751000.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 49◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467442053/213
21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)15:55:23 ID:xbE
>>20
子宮頸がんワクチン「推奨再開」に反論 市民団体
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ744GJHJ74ULBJ007.html?iref=sp_new_news_list_n
25 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)20:21:41 ID:xbE
検索してみたよー
いろいろあるが、下記を貼るよー


サルでもわかる子宮頸がんワクチン
http://vaccine.luna-organic.org/
26 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)20:26:33 ID:xbE
グラフを貼れないので、その解説のみ貼ります。
ぜひ、直接ごらんください

>子宮頸がんワクチンの接種推奨年齢は小6〜高1ですが、
>このワクチンの効果が確認されている期間は最新データで9.4年でしかありません。
>接種時平均年齢を14歳とすると、効果があると確認されているのは23歳まで。
>その年齢での死者数はゼロです。
>感染後10年かけてがんが成長するとしても、34歳までの死者も日本全国で年間わずか87人しかいません。
>死亡者が多いのはむしろ中高年。
>それなのに、莫大な税金を投入して、少女たちにワクチン接種することは理に適っているのでしょうか。
28 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)20:46:54 ID:xbE
こちらは海外情報も含めて専門的に書かれていますが、読みやすいです。
男児にも接種の方向との予測が書かれており、
お子様をお持ちの親御さんは是非お目通しください

子宮頸がんワクチンの危険性
http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html
31 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/07/10(日)21:38:04 ID:4fh
ワクチン打ってない人まで症状訴えてるんだよね

ワクチン接種する年代が、精神的に不安定な年代とリンクしていると言う
34 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/10(日)23:32:26 ID:37P
どこかのコピペ


このワクチンの有効期間は9年か10年ぐらい
平均接種年齢が14歳
24歳にはワクチンの効果は失効

24歳までの子宮がん死亡者は限りなく0
子宮がんワクチンは、副作用だけが発症するが本来の子宮がん防止効果は認められなくなる


だそうです
36 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/07/11(月)06:29:02 ID:TvG
>>34
サルでもわかる子宮頸がんワクチン
http://vaccine.luna-organic.org/
26
:名無しさん@おーぷん :2016/07/10(日)20:26:33 ID:xbE ×
グラフを貼れないので、その解説のみ貼ります。
ぜひ、直接ごらんください

>子宮頸がんワクチンの接種推奨年齢は小6〜高1ですが、
>このワクチンの効果が確認されている期間は最新データで9.4年でしかありません。
>接種時平均年齢を14歳とすると、効果があると確認されているのは23歳まで。
>その年齢での死者数はゼロです。
>感染後10年かけてがんが成長するとしても、34歳までの死者も日本全国で年間わずか87人しかいません。
>死亡者が多いのはむしろ中高年。
>それなのに、莫大な税金を投入して、少女たちにワクチン接種することは理に適っているのでしょうか。


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1468122712/


posted by かよっぺ at 2016年07月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。