【健康】腸炎ビブリオからノロウイルスへ 大分県調査、食中毒原因に変化[H28/6/15]

1 名前:トト◆53THiZ2UOpr5[sage] 投稿日:2016/06/16(木)10:01:36 ID:jCN
食中毒原因に変化
6月15日

 県が2015年までの30年間に県内で発生した食中毒を調べたところ、
かつては魚介類の腸炎ビブリオ、卵のサルモネラ属菌などが主な病因物質
だったのに対し、この10年ほどは二枚貝や肉の生食などによるノロウイルス、
カンピロバクターが中心になっている傾向が明らかになった。県は「食のグルメ化
が背景にあるのではないか。特に肉類の生食などはリスクが高いことを知って
ほしい」と注意を促している。

(以下略)

※全文は大分合同新聞でご覧下さい。
http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/06/15/131716009
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/16(木)10:16:06 ID:UX0
卵から生体まで大分の海で育った貝を食べれば問題ないよな
肉も九重の方に行けば牧場はいっぱいあるんだから、県内産を食べればよいんだよ。
安い国産なんてないからな。
ちゃんとそれなりの価格の産地のはっきりしている国産を食べやがれ。
大分ならできるといいたいけど、大分もパヨクの力が強いからなあ。
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/06/16(木)11:52:26 ID:I31
ユッケ禁止令でも出してやれよ


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1466038896/


posted by かよっぺ at 2016年06月16日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 安全な食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。