【科学】腸内細菌が大腸がん進行を抑制か  制御型T細胞の働き減衰で 大阪大チームが公表

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/04/26(火)13:45:39 ID:???
 大腸がん組織に腸内細菌が入り込むと、がんに対する免疫機能が高まるとみられることを、
坂口志文(しもん)・大阪大免疫学フロンティア研究センター教授らのチームが明らかにした。
腸内細菌の活動を促進することでがんを抑える新しい治療法につながる可能性もあるといい、
国際的学術誌ネイチャーメディシンの電子版に26日掲載された。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/west/news/160426/wst1604260009-s1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 43◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461113714/449
2 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/26(火)14:08:59 ID:Pup
大腸がん「何者だ名乗れ!」
腸内細菌「がん細胞です」
大腸がん「通れ」
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/26(火)14:12:02 ID:eYL
ここ最近は腸内細菌に注目が集まっているが、ヨーグルト等で乳酸菌を摂取しても腸まで届く確率は低いし、また届いたとしてもその人に合った種類のものでないと腸内で増えてくれないんだよな
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/26(火)14:13:29 ID:Qa5
それにしては大腸がんで死ぬ人は後を絶たないがなあ。
5 名前:ツチノコ狩り[] 投稿日:2016/04/26(火)15:10:28 ID:EoI
>>3浣腸ヨーグルトじゃダメなのかな?


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1461645939/


posted by かよっぺ at 2016年04月27日 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。