【科学】糖尿病とお口は関係があるの?歯周病になりやすい理由

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2016/02/06(土)19:03:38 ID:k5O
− 歯周病

生活習慣病のひとつ。歯垢(プラーク)が主原因であることが多いが、
歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。
また、歯垢が一切関係ない(非プラーク性)歯周病も多数存在する。
原因は個人差があり、歯周病のなりやすさや進行度合いは人によって違う。

血糖値が高い状態が続くと、体の免疫機能が低下してさまざまな感染症にかかりやすくなります。
糖尿病の人が歯周病になりやすいのは、糖分を多く必要としている
歯周病菌が繁殖しやすくなるためと考えられているのです。

その歯周病菌の死骸と呼ばれるものが、「内毒素」という多量の毒素を巻き散らかすもの。
血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔し、血糖値に悪影響を及ぼします。
そこで歯周病治療を行ったところ、血糖値のコントロール状態を示すHbA1c値が
改善するという報告が発表されています。

続き ガジェット通信/ DATE:2016.02.04 15:00 imedi(アイメディ)
http://getnews.jp/archives/1382204
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/02/07(日)05:03:45 ID:pdD
へー


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1454753018/


posted by かよっぺ at 2016年02月08日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。