【髪】加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明 [H28/2/5]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2016/02/05(金)05:45:18 ID:DyR
 年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、
毛を生やす器官が縮小するため――。東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、
加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明した。
人間でも同じような現象が確認できた。コラーゲンの分解を防ぐ物質を
探し出せば、毛が薄くなることを防ぐことも期待できる。

 研究成果は、米科学誌サイエンスに5日掲載される。

 毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、
脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。

 研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる
現象に着目。マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、
「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。
17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。

続き 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H68_U6A200C1CR8000/
1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2016/02/05(金)05:45:18 ID:DyR
 年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、
毛を生やす器官が縮小するため――。東京医科歯科大学の西村栄美教授らは、
加齢にともなう毛の減少の仕組みをマウス実験で解明した。
人間でも同じような現象が確認できた。コラーゲンの分解を防ぐ物質を
探し出せば、毛が薄くなることを防ぐことも期待できる。

 研究成果は、米科学誌サイエンスに5日掲載される。

 毛を生やすのは「毛包」という器官。毛包がうまく働かないと、
脱毛しやすくなったり、薄毛になったりすることが分かっている。

 研究チームは、毛包の基となる幹細胞が、年をとると毛包に育ちにくくなる
現象に着目。マウス実験では、老化で幹細胞のDNAに傷が残り、
「17型コラーゲン」を分解する酵素が多く出るようになっていた。
17型コラーゲンが分解されて減少すると、毛包が小さくなることを突き止めた。

続き 日経新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG04H68_U6A200C1CR8000/


posted by かよっぺ at 2016年02月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。