【書評】統合失調症観が変わる「泣いて笑ってまた泣いた」

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/11/27(金)15:13:41 ID:???
統合失調症観が変わる

 眼鏡を鼻先にちょこんと乗せ、ソプラノの声音でよく笑う。スマートフォンの
待ち受け画面は「リラックマ」。独特の癒やし系の雰囲気を漂わせる三十代の女性である。

 日記風の私小説「泣いて笑ってまた泣いた」(ラグーナ出版)を上梓(じょうし)した。
統合失調症とうまくつき合いながら東京の小さな印刷会社で働く倉科透恵(くらしなゆきえ)さん(ペンネーム)。

 疲れる。だるい。薬の副作用で睡魔に襲われる。電車に乗るのが怖い。死にたい気分が込み上げる…。
病苦と向き合いつつ、職場や外出先での出来事を“マイペース”で楽しんでいる様がユーモラスに描かれている。

続き 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015112502000155.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/585
2 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/27(金)15:41:59 ID:54O
見てないけどどうせあれだろうな


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1448604821/


posted by かよっぺ at 2015年12月01日 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。