【話題】 「赤いパンツ」がカラダにいいワケ[2014/10/27]

1 名前:トラネコ◆EDwr815iMY[sage] 投稿日:2014/10/27(月)20:29:58 ID:pTK4ldbfT
「赤いパンツ」がカラダにいいワケ―赤い色を見ると、人は体感温度があがる
マイナビウーマン:ニュース一覧
2014年10月27日(月)9時51分配信

■赤い色を見ると、人は体感温度があがる

「赤」といえば熱の色。ハートや火を絵で描くときに赤を使う人が多いように、「赤」は熱いもの、温かいものをイメージさせる色です。なぜ熱いもの・温かいものに赤を使うのかというと、これはイメージとしてだけではなく、実際に赤い色に全身を包まれたときに人は温かさを感じるからなのだとか。

その体感温度は青や紫等の寒色系の色に対して3度高いそうです。

このことを調査したのが、元東洋大学教授の野村順一氏です。赤い部屋と青い部屋のそれぞれに目隠しをした被験者に入ってもらい、血圧や脈拍、温度の感じ方、筋肉の緊張度を調べてみたところ、それぞれの部屋に入った人の間には違いが生じ、特に赤い部屋に入った人の方は青い部屋に入った人よりも血圧が上昇し、呼吸数や筋肉の緊張度があがったとか。

また体感温度も3度の差があったそうです。

赤を見ると熱やハートをイメージする人が多いのは、実際に筋肉が緊張することで体温が高くなるのを感じたり、血のめぐりが良くなったように感じるからなのかもしれません。

■パンツが赤いと、なぜ体にいい?

赤いパンツは、東洋医学で気が発生するといわれる場所、「丹田」という場所を温めるため体にいいと言われています。上記の実験では目隠しをした状態の人が、赤い部屋に入って実際に体感温度が上がったと感じるように、赤には直接それを目にしなくても何らかの体を温める作用が、もしかしたらあるのかもしれません。

詳細のソース
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1294644
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/10/27(月)21:29:31 ID:YCFrJMCKR
だから年寄りのワシも真っ赤なレカロシートを車に・・


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1414409398/


タグ:色と健康
posted by かよっぺ at 2014年11月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。