【健康】砂糖の摂り過ぎで起きる意外な症状、風邪、咽頭炎、免疫力の低下

1 名前:トランス脂肪さん◆akNHGRZ89o[] 投稿日:2014/08/23(土)14:15:19 ID:WaLXkdltP
慢性的な風邪様の症状
米フロリダ州・ヌムール子ども病院の医師Julie L Wei氏によると、砂糖の摂り過ぎで、せきや鼻水といっ
た風邪のような症状が続く。時として、間違ってアレルギーと診断されることもある。しかし、これらの
症状は砂糖の摂取を控えれば、治まることが多いらしい。

咽頭炎、胃酸の逆流
たまに咽頭炎を繰り返す子どもがいる。ベッドに行く時は特に問題はなく、夜中になって咳き込んだり呼
吸が苦しくなったりという症状が出る。そうした症状を抱える子どもを診察したWei氏は、共通点として日
中にたくさんのチョコレートミルクを飲む習慣があることを突き止めた。Wei氏によると、乳製品と砂糖と
いう組み合わせは消化に時間がかかり、横になった時に逆流しやすいのだとか。

免疫の低下
砂糖の摂り過ぎで腸内細菌のバランスが崩れ、結果として免疫力が下がってしまう。免疫が下がると、風邪
をひきやすくなる。そして、風邪は万病のもとで、「いつも不調」という状態に陥りやすい。

http://irorio.jp/karenmatsushima/20140822/156306/


posted by かよっぺ at 2014年08月23日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。