【研究】乳がん遺伝子「BRCA2」異常が喫煙者の肺がんリスクを約2倍に高める [06/02]

1 名前:ベンゼン環◆GheyyebuCY[] 投稿日:2014/06/03(火)19:16:28 ID:Yu5lctgjX
乳がんリスクを高めるとされる遺伝子「BRCA2」の異常により、
喫煙者の肺がん発症リスクを2倍近く高めるとする研究論文が、
1日、米科学誌Nature Geneticsで発表された。

研究チームは、「我々の研究は、肺がんに対する遺伝的感受性の
継承に関する更なる証拠を提供する」としている。

発表では、研究論文のメタ分析により、喫煙者人口全体での肺がん
率は生涯で13%なのに対し、BRCA2に特定の異常が存在する喫煙者
の場合は全体の約25%に達するとしている。

研究チームの結論は、「喫煙は止めるべきだ」とのこと。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース

AFP 2014年06月02日 09:49
乳がん遺伝子持つ喫煙者、肺がんリスクも約2倍に 英研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3016492


Nature
Genetics doi: 10.1038/ng.3002
Rare variants of large effect in BRCA2 and CHEK2 affect risk of
lung cancer
http://www.nature.com/ng/journal/vaop/ncurrent/full/ng.3002.html
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2014/06/03(火)19:51:55 ID:cWmDQdNzn
肺がんにまで影響するのか


元スレ:http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1401790588/


posted by かよっぺ at 2014年06月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。