【医学】統合失調症 認知機能に関わる神経活動を調整する遺伝子の働きが低下/金沢大など

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:05:38.46 ID:???
統合失調症、遺伝子の働き低下 神経活動が調整されず

統合失調症の患者の脳では、行動の計画や実行、記憶といった認知機能に関わる神経活動を調整する
遺伝子の働きが低下していることを発見したと、金沢大などのチームが30日付の米医学誌電子版に発表した。

この遺伝子から作られるタンパク質が減って、神経活動がうまく調整されないとみられるという。
チームの橋本隆紀金沢大准教授は「この遺伝子を働かせることで、認知機能を改善させる治療法の開発につながる可能性がある」としている。

2013/10/30 13:00 【共同通信】
_____________

▽記事引用元 47NEWS 2013/10/30 13:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013103001001053.html

▽関連リンク
・金沢大学
統合失調症の認知障害に関わる分子の減少を発見
2013年10月30日
http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/administration/prstrategy/eacanthus/1310/30.html
・The American Journal of Psychiatry
Am J Psychiatry 2013;:. doi:10.1176/appi.ajp.2013.13040468
Lower Gene Expression for KCNS3 Potassium Channel Subunit in Parvalbumin-Containing Neurons in the Prefrontal Cortex in Schizophrenia
http://ajp.psychiatryonline.org/article.aspx?articleid=1763819
2 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 23:06:25.09 ID:hRNB5TKS
統合失調症って何だ?
3 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:07:19.24 ID:QpBLh4HE
むかしは精神分裂症とかいってなかったか?
4 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:07:58.59 ID:bqEYQMWm
精神分裂ってやつよ
5 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:11:53.70 ID:O49yg0kF
そのタンパク質を補えば症状が改善するかもってことだな。
10 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:27:17.55 ID:nARus+2t
>>5
統失はほぼ無理らしいけど、トリプトファンをある期間に一定量摂取したら、うつ病は改善されるらしい
28 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:32:31.41 ID:OR2Oi69k
>>5
そんな単純ではない。
6 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:12:36.17 ID:1iKZzuF6
金沢大学の医学部は歴史的に古く、心理畑出身の俺もここの大學の医学部精神医学の
論文にはお世話になったな。(;´Д`)
7 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 23:19:56.86 ID:cPC4/TO5
脳みそは血管から薬品が浸透しにくい仕組みを持ってるから
その機構を回避する薬品を作らないとならないのが難しいところ。
8 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:20:01.75 ID:1iKZzuF6
とはいえ、今、いや今後も臨床では脳の神経細胞、脳の再生は行わないとしているので、
ただの正常とされる脳と異常とされる脳を比較した違いの結果を述べているだけでしかない。
阿呆臭。(;´Д`)
14 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 00:00:44.47 ID:WcaFsW3D
>>8
>ただの正常とされる脳と異常とされる脳を比較した違いの結果を述べているだけでしかない

正常な脳と異常な脳の違いをもたらす原因の一端を解明したのだとすれば、今後の研究
の進展次第では統合失調症の効果的治療につながる可能性がある

従来はなぜ統合失調症の脳が異常な活動をするのか、その原因がそもそもわからなかった
のだとすれば、これは、統合失調症完治への手がかりをつかんだという意味で、精神病治療
における偉大な一歩を印したものになるのかもしれない

統失は誰よりも本人自身が最も苦しむらしい。その人格を崩壊させるほどに
研究が順調に進展すれば、古来から人類を悩ませてきた業病に終止符が打たれる可能性
がある

ほとんど、ノーベル賞級の業績かもな
18 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 00:40:40.09 ID:Q5JfvDsA
>>14
一度破壊された脳の神経細胞は再生せず、補償機能でシナプスの結合が行われるだけの話。
統合失調症と呼ばれる病気自体、脳の器質性欠損、内分泌物、活動を云々することで定義付けている
だけの病でしかない。前頭前野、大脳辺縁、大脳新皮質…言い出したらキリがない。
おまけに、今では社会性や趣向云々だけで統合失調症の診断を下す時代だ。治癒だとかサバイバーだとか、
アメリカが人工的に"統合失調症"、いや、"精神分裂病"の患者を作り出すことに奔走していた時代を踏まえると
そういうこじ付けた病だということを明確にした論文を出した方が世の中のためになる。
APA初代会長が"精神病は存在する"(精神病は劣勢とも言った。)と正当化したような精神医学界がまだ存在していること自体、
一部の医師や研究者しか認めていない。Donald Ewen Cameronが作った罪はでかいぞ。

//youtu.be/rnwzIr8nY4E
24 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 01:43:01.63 ID:WcaFsW3D
>>18
>一度破壊された脳の神経細胞は再生せず、補償機能でシナプスの結合が行われるだけの話

IPS細胞は脳神経細胞に変化させなくてもそのまま脳に入れれば勝手に脳細胞に変化したと
いう報告があるようだ
神経断裂の下半身まひも神経細胞の回復が望めないのが不治の病たる所以なのだとすれば、
脳細胞について、少なくとも、物理的損傷回復の端緒はつかめたのかも知れない
そうした各研究の進展により複合的に統合失調症回復治療が進む可能性はある

従来の常識を覆す研究成果は出始めていると信じたいですね
26 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:19:41.91 ID:Q5JfvDsA
>>24
しかしだ。また書き記すが、臨床では脳の再生は行わないと決定している。

以上。
35 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 04:58:55.55 ID:WcaFsW3D
>>26
>しかしだ。また書き記すが、臨床では脳の再生は行わないと決定している

言葉を返すようですが、iPS細胞出現以前は皮膚細胞が幹細胞のような多機能細胞
に巻き戻される事はないと“決定”していたような気がしますね

従来の常識を覆すような知見が見出される事をブレイクスルーとも言いますね
ブレイクスルーで皮膚細胞が脳神経細胞に変化させ得るとわかった以上、従来の決定は
覆された事になりませんかねえ
37 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 07:36:36.73 ID:Q5JfvDsA
>>35
そうなると、まず、日本の厚労省委員会に再招集が掛かって倫理委員が醫師に詰め寄られて、その後、
米国、とりわけ、APAやCDC、米議会で"宗教的倫理観"を排した討論を行わねばなりません。日本だけでやると
薬剤側の治療マーケットがあるので色々と…。あと、あの国はなんだかかんだ言っても倫理観となればキリスト教
がバックボーンにありますしね。勿論、今まで命を落とされてきた多数の脳神経系の障害や先天性の病の患者団体からの
猛抗議に堪えながらの決断です。それで、臨床での治療ができるようになれば奇跡に等しいですね。

ちなみに日米ともに議会を動かそうという雰囲気は微塵もありません。(;´Д`)
38 名前:>>37[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 08:03:26.17 ID:Q5JfvDsA
>>37の訂正、及び、補足。

「…脳神経系の障害や先天性の病の患者・遺族団体…」
9 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:22:50.51 ID:Dikz0lak
カプサイシンが影響与えてるだろ
西の方を見たら、生態実験の結果が見えている
11 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) [] 投稿日:2013/10/30(水) 23:29:03.55 ID:SrlpS4IG
.
 うーん、私見だけれど、
 統合失調症的な精神症状、妄想・幻聴・認知力の低下というのは、
 案外、人間が一時的に陥る可能性のある精神症状ではないかと思う。

 閉じこもりでこういう症状が出ていたケースもあったが、それは普通の生活
 に戻すことで治療できた。うーん、そういう状態に陥ることもある、
 神経生理的には似たような状態になり得るんだと思った。
12 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/30(水) 23:44:53.32 ID:1iKZzuF6
>>11
おお、良いね。良いところついてきたね。Donald Olding Hebbって学習心理学者、
行動心理学者がいたんだけれどさ、統合失調症的な症状を呈する、または拷問となることって
感覚遮断が良いって気づいた人なんだ。ちなみに、その感覚遮断は旧共産圏の尋問方法でな。(;´Д`)
13 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/30(水) 23:54:35.56 ID:xpC8Wynp
>>11
君、統合失調症の患者を目の当たりにしたことないでしょ?
15 名前:sage[] 投稿日:2013/10/31(木) 00:27:28.66 ID:wSme/r7C
統合失調症は、薬物を与えたことによる脳の破壊である。
遺伝とはちがう。
ただし、母親が薬を服用していなかったことが重要である
16 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 00:28:40.17 ID:wSme/r7C
日本は精神科の薬を蔓延させすぎである
17 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 00:30:39.21 ID:i4EeSnAD
それで、陰性症状に効く薬はまだですか
19 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 00:47:50.91 ID:p5Ny5M8L
統合失調症??? 何時の間に名前が変わったか。

「精神分裂病(せいしんぶんれつびょう)と呼ばれていた。」
22 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 00:55:04.46 ID:hNzVYZeR
>>19
とっくの昔に変わってるよ……お前らはいつの話をしてるんだ
20 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/10/31(木) 00:51:17.80 ID:YBX/X/AZ
精神科が過剰に出すクスリのせいだ
21 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 00:54:22.93 ID:Q5JfvDsA
>>20
2chだけにしておけ
製薬マーケットでそういうことに反応してウジウジ言うやつらがいる
23 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 00:55:07.17 ID:g7VXY6bo
早く統合失調症を完治出来る様になるといいな
痴呆とかこういう精神的な疾患てのは
本人は元より周りの人間も疲弊させてしまう
41 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 11:47:21.04 ID:f42/o6pX
>>23
統失は分裂してるのが幸せだと思うよ、性格的には。
完治させたいならロボトミーでもどうぞ。

薬で大人しくさせといて、症状を緩和させるくらいが穏健だと思う。
統合失調症でも認知機能障害がほぼ無いというか、薬で抑えられてる患者もいるだろ。

遺伝子操作で精神医療なんて考えは、電気ショック療法並な狂科学に見えるがね。
足りないタンパク質を補うか、作成機構を化学的に活性化させるくらいにしておけ。
25 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 01:51:12.47 ID:kXketQNY
ボイスレコーダーを作動させて置くだけで、そこから先の記憶の整理に役立つんだが、指導してる医者っているのか?
精神科は未だに薬の出し過ぎもあるんだろうな。
患者は精神への薬による過ぎた影響を判断するだけの頭を持ってないと、その故の狂いが足されやすいんじゃないか?
戦えない体にするのはコントミンだっけ?
全身が凝るような症状にさせると、脳の血行は悪くなる。
外国の拘束服やカウンセリングとは方向性が違うが、日本のやり方の問題を指摘する発表ってないのかね。
27 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:26:18.27 ID:ZKjhMe/U
実際には統合失調症になるとどうなるというんですか?
2chじゃこいつ糖質とかよく書かれてるけどアスペ認定とかと同じで本来の意味と違う乱用レッテル貼りですね?
29 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:35:30.08 ID:OR2Oi69k
These findings reveal lower KCNS3 expression in prefrontal cortical parvalbumin neurons in schizophrenia,

前頭葉かよ?
Parvalbuminってなに?
30 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:43:23.30 ID:Q5JfvDsA
>Parvalbuminってなに?

灰白質が挟まったタンパク質………と説明すれば分かり易い?(;´Д`)
31 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:47:42.60 ID:OR2Oi69k
挟まった?タンパク質? おじさん統合失調症なの?
32 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 02:52:56.95 ID:Q5JfvDsA
>>31
いやいや、ttp://en.wikipedia.org/wiki/File:Pvalb,_cerebellum,_ISH.jpgこんな感じ。
33 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 03:24:52.20 ID:OR2Oi69k
なんだ、ウィキあるじゃん

パルブアルブミン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%9F%E3%83%B3

パルブアルブミンは、神経系のGABA駆動性介在ニューロンに存在
サル目の背外側前頭前皮質では、GABA細胞の約5%がパルブアルブミンを発現する介在ニューロンである。

統失ってGABA系神経やられるのか?
34 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 03:45:40.82 ID:f3grlrGe
>>33
統合失調症のwikipediaもみるべきだね

>統合失調症の診断はそもそも難しい。
DSM-II(1968年)の前文は「最善は尽くしましたが、
(アメリカ精神医学会の)委員会はこの障害について
合意を得ることができませんでした。
合意できたのは診断名だけです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
36 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 05:45:41.74 ID:w+u0o8bH
統合失調症患者はリューマチに罹らない また、痛みに異常に鈍感だと言う事実がある
これはプロスタグランジン生成と関係がある事を示唆している
39 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 08:26:31.88 ID:USSBhkZO
ゲーム脳でも遺伝子の働きが低下しているんじゃないか? ゲーム脳という脳の状態は確かに存在する。
ゲーム脳という名付け方に語弊があるが、脳の機能が低下していることは事実だ。
40 名前:電磁波犯罪です。[] 投稿日:2013/10/31(木) 08:47:26.32 ID:4kau5HFB
■超低周波電磁界とホルモン情報伝達機構
石堂正美 京都大学 基礎物理学研究所研究会報告書『電磁波と生体への影響』研究会報告
repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/97789/1/KJ00004705753.pdf

(中略)
以上の一連の結果から、電磁界は上記の分子群、すなわちメラトニン1a受容体、Gタンパク質とアデニレートサイクレースの連結部に作用
することが示唆されたことになる。
つまり、上記で述べた、電磁界によるメラトニンの抗発がん作用阻害は、電磁界によるメラトニン1a受容体からアデニレートサイクレース
間の機能的連結の消失(uncoupling)によるものと考えられる。
42 名前:41[sage] 投稿日:2013/10/31(木) 12:05:19.77 ID:f42/o6pX
俺も統合失調症なはずなんだけど、行動の計画や実行、記憶といった認知機能障害は今はほぼ無いぞ。
セロクエル25mg/日で眠くて外で働けない以外はやれてる。

被害妄想というか強迫観念が強くなるとそういう機能にも障害が出た気もするけど、こういう機械的な知性の減衰は分裂病の狂気の本質ではないと思う。
なんというか、否定する意思の具現。
自分も他人も世界も神も、破壊して混沌に還したい意志が働いて、あらゆる関係性を切断しようとする感じ。
経済活動は元より人間的な社交生活には、分裂病質なら含有してる分裂質時点で向いてないのだろう。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1383141938/


posted by かよっぺ at 2013年10月31日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。