【脳機能】子どもの読み書き障害、病態解明 大脳活動に異常発見/国立精神・神経医療研究センターなど

1 名前:白夜φ ★[] 投稿日:2013/09/19(木) 15:46:24.13 ID:???
子どもの読み書き障害、病態解明 大脳活動に異常発見


知能は正常なのに、文字の読み書きに支障がある子どもの発達障害は大脳の2カ所の活動に異常があって起きていることを発見したと、
国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)精神保健研究所の北洋輔研究員と稲垣真澄部長らが19日付の英科学誌ブレイン(電子版)に発表した。

研究チームは「読み書き障害が本人の努力不足や環境で引き起こされるという偏見を解消する成果だ」としている。

脳のどの部位が働いているかを画像で判定できる機能的磁気共鳴画像装置で、健常な成人、健常な子ども、
読み書き障害と診断された子どもを対象に、日本語の音韻処理をしている間の大脳活動を調べた。

2013/09/19 10:10 【共同通信】
___________

▽記事引用元 47NEWS 2013/09/19 10:10
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091901000897.html

脳を水平に輪切りにしたfMRI画像(右が前)。
丸で囲まれた明るい部分が基底核で、読み書き障害では音韻処理をしていない場合でも活動している(国立精神・神経医療研究センター提供)
http://img.47news.jp/PN/201309/PN2013091901000901.-.-.CI0003.jpg

▽関連
国立精神・神経医療研究センター プレスリリース
「読み書き障害児」の脳活動の異常を発見
〜発達性読み書き障害(ディスレクシア)の神経学的な病態を解明〜
http://www.ncnp.go.jp/press/press_release130919.html
3 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 15:48:33.88 ID:JuonCOOB
日本語と英語では反応するところが違うと思われ
4 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 15:59:12.49 ID:8uMre9bO
遺伝子レベルで分からないかな?
遺伝子治療で治してよ
6 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 16:01:25.95 ID:Xv1700fJ
こう言うのパッチで直ればいいのにな
16 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 18:52:48.65 ID:kzMb3wHW
>>6
生物の場合なら遺伝子ベクターでも送り込みゃいいだろうに
まぁなぜか実験ではよく行われるけど実用化の話は聞かないな
10 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 17:26:40.38 ID:cj+W4IyT
>大脳基底核と左前上側頭回に活動の異常を発見

この2つは一般に学習がこなれた後で使われるもので、
学習そのものは頭の前の方にあると言語に関しても言われているんじゃないのか

風邪ひくと「のどが痛くなり、胃腸力が低下する」=風邪の原因は喉と胃腸にあるのでそこを注視するべき そうか?的な
11 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 17:44:11.58 ID:5W9T0T41
アメリカには一杯要るけど
日本にはあんまり居ないらしいな
音素文字って脳にすげー負担かかってるんじゃねえの?
12 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 18:29:16.98 ID:+eRPpL9X
努力厨教育厨のウザさは異常

人間の能力ってのは遺伝7-8割、環境2-3割で決まる
しかし努力厨は教育と努力次第で人間には無限の可能性があるとか本気で信じている
17 名前:バカボン[sage] 投稿日:2013/09/19(木) 19:00:50.61 ID:YHPiMf4N
>>12
 努力馬鹿におおいのが障害者を見限る奴。
 障害者でも伸ばせるところは伸ばせるし、健常者でも特定の部分がダメな人がいる。
 そういう多様性がよくわかってないというか。
21 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/09/20(金) 08:37:00.06 ID:JKBKf7z/
>>17
”文明”って文に明るいと書くくらい文字が重要ということはわかるし
学校も含めて現在の日本社会で生活するのに文字の読み書きは不可欠
つまり文字の読み書きができないというのは別にどういうことでもないと思うが
その子の生きる環境では不利だろうと

>>12
間違い
全体で努力の対象を重視
13 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 18:34:46.51 ID:+eRPpL9X
努力厨は無意味な教育に多大な労力と金と時間を費やして無駄にする

他人が何かに失敗するのを見ると、その原因を安易に本人の努力不足だと決めつける
そのため失敗の本当の原因を見失う
19 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 21:29:58.40 ID:jqDsEGFF
俺、鬱病になったときに心の中で文字が”音読”できなくなったんだ。
映像としてしか認識できず、何度も読まなければ頭に入って来なくて困った。
でも1年ほど苦労するうちにいわゆる速読が出来るようになった。
20 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/19(木) 22:05:11.55 ID:kzMb3wHW
>>19
まぁおれもいろいろある
あれって前頭葉系の機能も含めて環境に応じていろいろ変わるよな
おれの場合は栄養で結構変わるみたい
いろんなサプリで試してる アミノ酸とかコリンとかミネラルとか
22 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/09/20(金) 08:40:45.97 ID:JKBKf7z/
もう一つ問題がある
病そのものが才能であることとそこに焦点を当てている記事なのでその子自身が全くわからない
勿論文字に関わらぬ子は沢山いるのだろうけど
23 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/09/20(金) 09:12:13.01 ID:7iTmGwg0
能力に個人差があるのは当然で、努力で個々人なりにそれ相応に能力を高めて行ける。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1379573184/


タグ:脳の働き
posted by かよっぺ at 2013年09月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の働き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。