【医療】大腸がんの転移予測=微量細胞で診断−大阪大

1 名前:ウィンストンρ ★[] 投稿日:2013/07/13(土) 15:43:42.70 ID:???
リンパ節に転移したわずかながん細胞を調べ、大腸がんの再発リスクを予測する診断方法を、大阪大の山本浩文准教授らの研究グループが開発した。
17日から宮崎市で開かれる日本消化器外科学会総会で発表する。

大腸がんを切除した後、リンパ節にがん細胞が転移していないかどうかは、主に顕微鏡の観察で判断されてきた。
転移がないと診断されれば再発予防の抗がん剤治療は行われないが、15〜20%の確率で肝臓など他の臓器で再発するため、顕微鏡では見つけられない
微量のがん細胞が原因と考えられていた。

研究グループは、リンパ節に転移したがん細胞が作る物質「CEA」に着目。
大腸がんの手術を受けた患者約300人をCEAの量に応じて3グループに分け、肝臓や肺などでがんが再発するかを5年間調べた。
その結果、CEAが最も少ないグループは再発率が6.6%だったのに対し、その約10倍のグループでは17.0%、約100倍のグループでは27.4%だった。
山本准教授は「再発が不安だった患者が、抗がん剤治療をするかどうかの判断材料になる」と説明。
今秋から同大付属病院で導入する予定という。(2013/07/13-15:06)

ソース 時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013071300168
2 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:8) [] 投稿日:2013/07/24(水) 01:22:06.27 ID:8aHKFcgE
> この光受容細胞約20万個をマウスの網膜に注入したところ、その一部が元の細胞と滑ら
> かに融和して、視力を回復させた。
 細胞融合するのか?

> 移植された物質が、
 機械翻訳はかえって読みにくい。
3 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/07/24(水) 02:03:20.25 ID:0u7zcTqA
網膜の分化までは行ったか
次は人間への実験
そして大量生産の確率だな
4 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/07/24(水) 04:22:05.20 ID:SDYjChGQ
これヒトにも適用出来たら良いな,全盲の人には最大のプレゼント,
国の財政にとっては身体障害者に対する障害者年金の減少プラス
回復者の就業による納税,良い事ずくめ\(^o^)/
6 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/07/24(水) 07:04:59.06 ID:k37wpI2e
これはいいな
7 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/07/24(水) 20:51:59.35 ID:huBv2+dJ
全盲なら一点でも明暗が知覚できるようになれば、顔を動かして物の輪郭が把握できる。見える見えないの差は大きい。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1374596330/


タグ:大腸がん
posted by かよっぺ at 2013年09月10日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガン治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。