【代謝】肝臓内グリコーゲン量を減らすと脂肪は効率的に燃焼することを発見/筑波大

1 名前:エタ沈φ ★[] 投稿日:2013/08/19(月) 14:01:18.95 ID:???
筑波大学は8月13日、肝臓内にグリコーゲン量の減少を感知する仕組みが存在し、その働きによって、
絶食時のエネルギー源を肝臓のグリコーゲンから脂肪細胞のトリグリセリド(中性脂肪)に切り替えて
いることを発見したと発表した。

同成果は同大 医学医療系の矢作直也 准教授、東京大学 大学院医学系研究科糖尿病代謝内科の泉田欣彦
助教らによるもの。詳細は「Nature Communications」に掲載された。

肥満は、体内の脂肪細胞に過剰にトリグリセリドが蓄えられた状態であり、糖尿病や高血圧、脂質異常症
などを併発しやすいことが知られているほか、動脈硬化の危険因子としても知られていることから、
その対策が求められている。
対策として、食事療法(ダイエット)などが有効であることが知られているものの、肥満の解消は容易で
ないことも良く知られるところとなっており、肥満防止に向けた脂肪の分解・燃料の機構解明ならびに、
効率の良い脂肪燃焼方法などの解明などが求められていた。

今回、研究グループは絶食時にトリグリセリドがエネルギー源として分解され使われていくプロセスの
研究に中で、脂肪組織のトリグリセリド分解が進むには肝臓からの神経シグナルが重要な役割を
担っていることを発見した。


マイナビニュース 8月19日(月)10時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130819-00000017-mycomj-sci

筑波大学プレスリリース
http://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/20130813g.pdf

Nature Communications
Glycogen shortage during fasting triggers liver–brain–adipose neurocircuitry to facilitate fat utilization
http://www.nature.com/ncomms/2013/130813/ncomms3316/full/ncomms3316.html

>>2に続く
2 名前:エタ沈φ ★[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:02:11.28 ID:???
>>1の続き

そこで、機構の解明に向けた詳細な研究として、迷走神経肝枝に外科的切離術(HVx)を行ったところ、
絶食時の脂肪分解が減少し、脂肪組織が相対的に大きくなることを確認したほか、上行性の神経線維のみを
破壊するカプサイシン処理(Cap)を施しても、同様の結果が得られることを確認しており、
これにより絶食時の脂肪分解シグナルが迷走神経肝枝を経由していることが示されたとする。

また、この絶食時における迷走神経シグナルの起点を分子生物学的手法により探索していったところ、
肝臓内グリコーゲン量の減少が引き金となっていることを発見。具体的には、グリコーゲン合成酵素(Gys2)を
アデノウイルスベクターを用いて肝臓に過剰発現させ、肝臓のグリコーゲン量を増やしておくと、
絶食時の脂肪分解が抑制されること、ならびにRNA干渉(RNAi)によりグリコーゲン合成酵素の発現を
低下させグリコーゲン量を減らしておくと、脂肪分解が促進されることを確認したという。

さらに、グリコーゲン分解を司るグリコーゲンホスホリラーゼの発現量をRNAiにより低下させ、
グリコーゲン分解を抑制したところ、グリコーゲン量が増加すると同時に、絶食シグナルが抑制され、
結果として脂肪分解が抑制されることも判明。このことから、絶食時の迷走神経シグナルの起点に
なっているのは、グリコーゲンの分解によって生成される代謝物ではなく、グリコーゲン量そのものの
減少であることが示されたと研究グループでは説明しており、これにより、脂肪をより効率的に
燃焼させるためには、肝臓内グリコーゲン量を減らすことが有効である、という結果を得たとしている。

なお、研究グループでは今後、肝臓内グリコーゲン量を検知する仕組みについてのさらなる解明を
目指した研究を進めるとしており、それにより食事療法によらない、肥満対策の新たな治療法の確立が
期待されるとコメントしている。

終わり
3 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:03:01.06 ID:bCBwXSat
そらそうよw

でもグリコゲンが切れたあたりから、疲労感がグダー!って来るのな
ここで食べちゃうとデブ、食べないとダイエットできるって訳ね
11 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/19(月) 14:14:08.77 ID:bEPx88+h
肝グリコーゲンのタンクが空になったら脂肪が使われんの当然だろ
12 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:16:26.68 ID:FgwKZ48c
元から言われてなかったっけ
14 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:18:22.68 ID:PyEpsnmY
いまさら何当たり前のこと言ってんだ?
20 名前:名無しのひみつ[ ] 投稿日:2013/08/19(月) 14:36:00.79 ID:T3axSb4a
グリコーゲン空にしても、2時間くらいで、空腹慣れるから
22 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:43:13.48 ID:v4jWNDTG
脂肪肝の治療に役立つってことだよな
23 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:44:32.40 ID:dDiVKMYX
ダイエットというのはその肝内貯蔵グリコーゲンを減らすっていうことじゃないのか?
酒飲むと太りやすい、ってのはアルコールばかり燃やされて
肝内グリコーゲンが手つかずになるからってことじゃないのかないのか?
24 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 14:50:45.95 ID:mNhW9q3t
ということで、leangainsで検索すると幸せになれるかもしれない。絶食療法の一種
28 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 15:41:54.90 ID:NQ07jp1N
グリコーゲンが切れかけてくると脂肪燃焼に切り替わるとういうのは、
昔から一般的に知られていた事。
この研究成果はその仕組みを発見した事がすごいんだけどね。
ちなみに運動し始めてから最初の15分はグリコーゲンがエネルギーとして使われ
15分以降から脂肪燃焼が始まる。30分のジョギングの場合後半の15分が脂肪燃焼
ということになる。
さらに運動が終わった直後から30分以内に食事をすると、炭水化物は肝臓にグリコーゲン
として蓄えられ、30分以降になると脂肪として蓄えられる。
この事をうまく利用して運動と食事をすれば脂肪は簡単に落ちる。
60 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/20(火) 05:32:44.12 ID:/epJl3N0
>>28
30分運動
30分休息
運動再開したときはグリコーゲンがつかわれる?脂肪がつかわれる?
31 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/19(月) 16:53:10.44 ID:TXAKcT5Q
ほんとうにこれ 今まで誰も調べてなかったの?
中学生でもわかることでしょ?
32 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/19(月) 16:59:30.11 ID:lywhq2Rm
迷走神経肝枝に適当な信号を負荷すると脂肪燃焼が促進されるなら面白かったんだけどな.
針とかで神経に刺激与えて脂肪肝解消とかにつながるかもしれないから.
今回の結果では逆なんだね.
35 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/19(月) 18:41:17.75 ID:wbocIO9h
これのどこが研究?
生理学の教科書レベルじゃないか
44 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 19:37:47.92 ID:e3mGA6mz
>>35
現象は確認されてたけどメカニズムが未知っていう役立たずな状態だったんだわ。
むしろ薬とか考えるとここから出発だな。
41 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 19:04:00.16 ID:hZXQEVal
特定の神経系が関与してることがわかった
っていうのが今回のポイント?
47 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/19(月) 21:14:36.46 ID:Kxmo7/40
肝臓にあるグリコーゲンが減ると、脂肪の分解が進むことは知られてたけど、
グリコーゲンが分解された物質がトリガーじゃなくて、グリコーゲンそのものが減った状態、ていうのが
トリガーとなって脂肪の分解が進むことがわかった。

なので、肝臓のグリコーゲンが減った状態、を人工的に神経に伝えることができるなら
痩せ薬も夢ではない、てことなんかな?

…シャブ中とか薬物中毒が痩せるのも似たようなもんなんだろか?
54 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/19(月) 23:51:57.74 ID:dT1lAMBF
適切な食事量にするのが一番
56 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/20(火) 00:06:18.48 ID:v9pQbvbb
脂肪を燃焼しづらい・しやすいの個体差有るからな

コントロールできれば成人病予防に役立つ
59 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 01:54:14.49 ID:5rMEEYR1
しかしグリコーゲンが枯渇すると脂肪燃やす元気もなくなる諸刃の剣
61 名前:名無しのひみつ[] 投稿日:2013/08/20(火) 05:42:19.84 ID:/epJl3N0
グリコーゲンは灯油で
脂肪は燃えにくい生木


最初15分は灯油だけ
15分すぎたら生木に灯油ぶっかけながらもやす
てかんじか?


グリコーゲンが少ない状態を維持してすぐに脂肪をもやす状態にするのは不可能?

少なければ良いと言うわけでなく逆に最低限のグリコーゲンは必要
63 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 10:33:33.13 ID:sxZkc97Q
肝グリコーゲンが200kcal
グルコース1gが4kcalなので、50g分程度
数日絶食すれば空になる

筋グリコーゲンでも1200kcalぐらいしか無い
これも糖分を補給せずに運動するとあっという間になくなる
64 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 11:27:36.55 ID:88szjKhj
ボディビルダーが昔っからやってたんとちゃうん
66 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 11:53:09.19 ID:kk3JmYF7
>>64
むしろ昔からの方法をやらずにグリコーゲンが残ってるうちに脂肪を燃やしださせるような薬が作れるかも知れない話。
65 名前:名無しのひみつ[sage] 投稿日:2013/08/20(火) 11:40:51.15 ID:cgcstgOT
三食食べてもいいから12時間絶食する時間を設ければいい。
更に言えばジョギングなど運動してから12時間絶食。残りの12時間はある程度好きに食べていい。


元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1376888478/


タグ:ダイエット
posted by かよっぺ at 2013年08月20日 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。